さとう式リンパケア・シバタ

さとう式間質リンパケア

さとう式間質リンパケアとは

 

いまままでのマッサージとは違う新しい健康づくりアプローチ法です。
歯科医師であるドクター佐藤氏が顎関節症を瞬間に改善させる
方法を研究していく中で確立させたものです。

 

参考:さとう式間質リンパケア・シバタのサロンブログはここより

 

基本の考え方を3つの視点で簡単に

 

その1人間の体は腔で支えられてる
「空ではなく腔を広げるとは」

 

人の体は3つの空洞「腔(くう)」から成り立っています。
顔から首までの部分にあたる「口腔」
肩、鎖骨からろっ骨、横隔膜部分にあたる「胸腔」
ろっ骨下横隔膜から骨盤、肛門部分にあたる「腹腔」

 

この3つの腔は、臓器が収まっている空間です。
うつむいた姿勢や下を向いた状態など腔の潰れた状態、狭くなると
歪みが生じ、疲労、肩こり、腰痛などの不調を起こし、
また交感神経が優位になり
呼吸も浅くなり、心臓の動きやリンパの流れも悪くなってきます。

 

間質リンパケアでこの腔を広げていくと

 

・呼吸が楽になり、深呼吸も深くなります。
・消化器官が上手に働いてきます。
・バランスを整えていきます。
・内分泌が良くなり体の循環環境を良くしていきます。

 

 

 

その2ストレッチじゃなくて
「筋肉の筋をゆるめるとは」

 

さとう式リンパケアでは 筋肉を揉んだり擦ったりしません。
そっとそっと信じられないような弱い力で軽く触れるだけです。
その刺激が筋膜というセンサーから脳に伝わり、筋肉がゆるみます。

 

多くの雑誌などでは「小顔」というと決って 「マッサージ」「筋肉をほぐす」
「ストレッチをする」などをして「血流のアップ」させるという表現をしています。
また本を読んだ人達やセミナーを受けた人達もこの頭が
あるとなかなか効果が出ません。
筋を緩めるというと必ず「ストレッチ」と考えるのが普通です。

 

筋を緩める事と 
ストレッチ=ひっぱることは全く違うものです。

 

例えばバスケットシューズがあります。
ヒモがきつくて靴がきつかったとします。
この靴を緩めるのに、ヒモの結び目を縛ったままで靴ひもをひっぱったり
生地をひっぱったりしても靴は緩みません。
靴ひもを「緩めること」と「ひっぱること」は違うのはわかってもらえますか?

 

「緩めること」=「ほどくこと」で 力は必要ありません。

 

 

その3リンパ管じゃなく間質リンパです。
「リンパを流すのではなく、促すとは」

 

リンパ液とか体液循環の話ですが、まず覚えて欲しいのは、
「血液は閉鎖循環、リンパ液細胞間液は開放循環」なのです。

 

血液は血管から決して外に出ない閉鎖式の循環系で
心臓と動脈、静脈のポンプの力で動いています。
そして動脈と静脈はそのまま繋がっています。

 

注目して欲しいのは、動脈から出た、染み出したとうよりバラまかれた
体液=細胞間液=リンパ液で、リンパ管の中だけがリンパ液ではなく
細胞の間を流れる体液=細胞間液も含めリンパ液は身体の隅々まで流れ
細胞に栄養と酸素をあたえています。

 

そしてリンパ液は、血液からでき赤血球を含まない液体です。
リンパ液は、細胞間では細胞の動き(筋肉の動き)や重力によって流れます。

 

水分は静脈に再吸収されますが、老廃物、異物、酸化物、細菌などは
リンパ管に流れ中継地点的なリンパ節で処理されながら静脈にもどります。

 

このリンパ節が関節周辺にあり
関節が動くことによってスポイトのようにポンプされます。

 

体の下水道的な役割であるリンパ系の流れがわるくなると
動脈系の閉鎖循環も自粛をおこないます。

 

下水がつまっているから流れが悪いので詰まりを掃除させてあげれば良いのです。

 

「掃除すれば良い」のではなくその役割がある組織に
「掃除をしてもらわかければいけません」

 

「リンパ液を流す」のと「リンパ液を促す」のは 全く違います。

さとう式リンパケア&MRT関連ページ

サロンビジネスは笑顔70%
有限会社企画宣伝室が企画運営しているサロンビジネスの案内です。 これからの時代をダブルワークでサロン開業を考えてみませんか?
サロン紹介
有限会社企画宣伝室が企画運営しているサロンビジネスの案内です。これからの時代をダブルワークでサロン開業を考えてみませんか?
手技のひみつ
有限会社企画宣伝室が企画運営しているサロンビジネスの案内です。これからの時代をダブルワークでサロン開業を考えてみませんか?
セラピスト養成
有限会社企画宣伝室が企画運営しているサロンビジネスの案内です。これからの時代をダブルワークでサロン開業を考えてみませんか?

会社概要 サロン コンテンツ ネット集客 イベント